2024年2月16日 (金)

オメオリ中心性頸椎損傷シリーズ④・・・「ああ・・・しか言わない無関心な医者」

オメオリです(^^)

相変わらず不自由な左手でパソコンのキーボード打ってます・・・・が!更に左手が動くようになってきました!ブログ書いてのリハビリ、が功を奏しているのでしょうか?ま、なんにしても回復に向かうことは良いことです。

で・・・・オメオリ中心性頸椎損傷シリーズ④・・・「ああ・・・しか言わない無関心な医者」・・・・でございます!

オメオリが中心性頸椎損傷になったのは、ヘルメット越しに頭を強く打ち、首を痛めたからです。突如左手が思うように動かなくなったので焦りますよね。すぐに近くの区立の病院に行ってみて貰いました。そこではCTスキャンを撮って貰い、更に大きい病院を紹介されMRIの検査を受けることになりました。オメオリに自宅近辺では誰もが知ってる大病院です。

その大病院に・・・・「ああ・・・しか言わない無関心な医者」がいたのです。

オメオリは紹介状を持ってその病院に行きました。受付で症状を話してMRI検査、そして診察となります。いよいよ「ああ・・・しか言わない無関心な医者」との対面です。まず医者に症状を聞かれました。

オメオリ「ヘルメット越しに頭を強く打って、首を痛めました」

医者「ああ」

オメオリ「でも症状が出たのは1週間後なんです。1週間後に眠れなくなるほど左の肩甲骨に痛みが走り、それが2日ほど続き、その後左手が思うように動かなくなりました。」

医者「ああ」

オメオリ「今は痛みはないのですが、左手が命令を聞かないというか、手袋をはめるのも自分ではめれないというか、動かない他人の手にはめてるような感じなんですよね。」

医者「ああ」

・・・・・えーっと皆さん。この時点でおかしいですよね。患者の僕しか喋ってない。おかしいですよね。MRI検査したんだから、その結果こうとか、どうとか言わないといけないですよね。僕も心の中では思ってました(・・・・なんで俺しかしゃべってないねん。医者もなんかしゃべらなあかんやろ、それが診察というもんやろ)・・・でも、そんなこと言えないので仕方なく・・

オメオリ「MRI検査はどうだったんですか?」と聞きました。

医者「頸椎を痛めてますね」

オメオリ「頸椎を痛めるとどうなるんですか?」

医者「お話しされたような症状になりますね」

オメオリ心の中(・・・・お、お前もちょっとはしゃべれや!俺が言うた以外にもなんか色々あるやろ!もうちょっとなんか説明せえや!)と思いましたけど言えるハズもなく「・・・・病名とかあるんですか?」

医者「中心性頸椎損傷って知ってますか?」

・・・・えーっと皆さん・・・・これもおかしいですよね。今は病名を知ってるかどうかを聞く場面じゃないですよね。病名を伝えてその説明をする場面ですよね。僕も心の中では(知るか!お前が説明せえ!)と思ってましたが仕方なく・・・

オメオリ「いや知りませんけど・・・・治療方法とかあるんですか?」

医者「ハッキリとした治療方法はありません」

オメオリ心の中(ないんかい!)

医者「通常ならゆっくりと自然治癒すると思います。」

オメオリ心の中(・・・・やっとしゃべった・・・・でもしゃべったと思ったら自然治癒って・・・ほな君いらんやん・・・・ああ、しか言わんし、病名と自然治癒することを言うだけやったら君いらんやん)・・・・とは言えませんので・・

オメオリ「そうですか」

医者「握力計りますか?」

オメオリ心の中(・・・・やっと医者からの提案・・・でも計りますか?は、おかしいですよね。握力を測りましょうが、正解ですよね。計るかどうかを医者が聞いてどうすんねん・・・)と、思いましたけど、計ってみたかったので威勢良く。

オメオリ「計ります!」

医者「ああ」

左手の握力を測りました。結果は「9キロ」小学生以下!小学生以下の握力です!僕は驚いて・・

オメオリ「先生!握力9キロしかありません!」

医者「ああ」

オメオリ心の中(ああ以外になんか言え!)・・とは言えない・・

オメオリ「右も計って良いですか?」

医者「ああ」

オメオリは力仕事をしているので握力には自信があったのです。自分の予想では60キロ・・・いやいや70キロは・・・・・・・・でも計ってみたら右手34キロ・・・・ごく普通・・・

オメオリ「34キロみたいです」

医者「ああ」

・・・・腹立つ・・・・でも僕はこの時点でこの、ああ・・・しか言わない無関心な医者に見切りをつけていました。大きい病院だし、僕くらいの症状の患者には感心がないんだろうと。・・・・でも左手がいうこときかないって大事件ですよね。皆さんならわかって貰えますよね!

で、ああ・・・しか言わない無関心な医者の診断も終わり、診察室を出ようとしました。すると医者が・・

医者「ああ、薬入りますか?」

オメオリ心の中(薬入りますか?・・・そ、それは君が決めること!薬が必要かどうかは医者の君が決めることやろ!普通は「薬出しときますね」やろ!薬入りますかなんて今まで言われたことないわ!しかも、また、ああって言うてるし!)・・・とは言えない、でも腹立つので・・

オメオリ「薬で治るんですか?」

医者「ああ、治るわけじゃありませんが、ビタミン剤みたいなものですね」

オメオリ心の中(ほないらんやん!薬出すなら治る薬出せや!・・・ああ!そうか、だから薬いるかどうか聞いたんかい!)・・・さすがに僕も・・

オメオリ「入りません。薬飲むの嫌いなので」

医者「ああ」

オメオリ「これで診察終わりでいいんですか?」

医者「ああ」

・・・・・・・腹立つ・・・・・まあ、実際は感じの悪いお医者さんじゃなかったのですが、「ああ」しか言わないのはホントです。前にも書きましたが、軽傷あつかい、雑魚あつかいなんですよ。大病院を紹介されて行ったら雑魚扱い。・・・・・・これってどうなんですかね・・・・あ!今思い出しました!帰り際に僕が・・

オメオリ「また診察に来た方がいいんですか?」

医者「来ますか?」

聞くな!お前が決めろ!・・・・ですよね?これは絶対にお前が決めろ。来ますかって、聞き返すな!・・・・・・・でも・・・・結局は雑魚扱い・・・・中心性頸椎損傷で左手きかない、は医者にとっては雑魚扱いするほどの軽傷なんでしょうね。

でもま、言われた通りに自然治癒してきてますし・・・ここは良しとするしかないですね・・・・。

でもホント、左手は回復してきてます!ブログを復活してから更に加速度的に回復してます。

劇団ズーズーCも今年必ず復活します!・・・・乞うご期待です!

 

| | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

オメオリ中心性頸椎損傷③・・・「左利き疑惑と心ない劇団員」

オメオリです(^^)/

相変わらず不自由な左手でキーボード入力してます(^^;)

さてタイトルにあげました「左利き疑惑と心ない劇団員」・・・・です。

まず、左利き疑惑について皆さんはどうですか?オメオリは左手が不自由になったことで気づいたのは、物を持つことなど力がいることは利き手の右手、細かいことや器用なことは左手、ということでした。

と、いうことは元々は左手の方が起用。ひょっとして元々は左利き?なんて疑惑が浮上しますよね。

ここから先の話が、心ない劇団員・・・につながるのですが、それには前置きが必要です。

オメオリは字が下手なんです(^^;) 自分自身では個性的な字、と思っていますが世間一般では、まあ下手と言われるのも仕方がないかと。劇団員もオメオリの字が下手なことはよく知っています。

なぜかというと劇団ズーズーCでは文字バトルという遊びをよくやっているのです。課題の文字をみんなで書いて誰が一番上手いかみんなで評価する遊びです。これ皆さんもお仲間とやると盛り上がりますよ。書いた本人も評価に加われるわけですから、「誰がなんと言おうと私の、あ、が一番きれいだ!」なんてだだをこねたりも出来ます。字が下手なオメオリも奮闘しますが、勝利は勝ち取れません・・・字が下手なので。

そんな中・・・・オメオリは中心性頸椎損傷で左手が麻痺・・・・劇団員にも新作を書くのは難しいと報告しました。で、まあ飲みながら、飲みながら左手が麻痺したことで、器用なことは左手を使っていた、なんてブログに書いたことを劇団員にも話したんです、飲みながら・・・・・飲みながら・・・・ね。

するとある劇団員が・・・・「そんなに左手が器用なら字も左手で書けば良かったんじゃないですか」・・・・・・これ心ない・・・心ないっすよね!

その場ではオメオリも酔っていたので「そうかも、ハハハハハ」なんて笑い飛ばしてたんですけど・・・・あとで思い出して「あれ?なんかおかしい・・・字も左手書けば・・・・あれおかしいやん!・・・心がない!心がないわ!」

で・・・・・・誰がこの心ない言葉を言ったのか?・・・・・それが思い出せないんですよ・・・・犯人探したいですよね。・・・・・・でもね・・・・思い出せないんです。しかーし!このブログは劇団員ももちろん読みます!

ここは心ない犯人が名乗り出るのを待つとしましょう(^^)

誰が心ない犯人なのか?ご期待下さいね(*^_^*)

あ!オメオリ中心性頸椎損傷シリーズはまだ続きます!

次回は「ああ、しか言わない無関心な医者」・・・・・・・・・こうご期待!

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

オメオリ中心性頸椎損傷②・・・・シリーズ化です(笑)

オメオリです(^^;)

シリーズ化にしました!オメオリ中心性頸椎損傷!今日は②です(^^;) ブログを書くことで左手のリハビリにもなるので。

さあ!なったら大変!「中心性頸椎損傷」その症状からお伝えしてまいりますね。

簡単に言うと、左手の上げ下げなんかは出来るのですが、力が入らないのと、指先で細かい作業が全く出来ないのです。命令しても左手が動いてくれない、みたいな感じです。

出来なくなったことを挙げますとこんな感じ。

・コップが持てない ・タバコも持てない(持てるけど変な方向むいてまともに吸えないのです) ・ペットボトルのふたを開けられない ・自販機に小銭を入れられないし、おつりも取れない ・拍手が出来ない(小指と薬指が自分の意思では伸びないのです) ・手を洗って指をパッパッと開いて水を切れない・・・・・・・と、結構不自由なの伝わりましたかね?

あと結構大変なのが車のサイドブレーキを引けるけど、解除出来ない。これ結構大問題なんです。引くときは引くだけなのでなんとか出来るのです。でも解除するとき、つまり発進するときはボタンを押しながら引いて解除しますよね、これが出来ないんです。コインパーキングに車を停めて仕事を終えて、いざ帰るって時に帰れなくなるかもしれないんです!サイドブレーキを解除出来ないので!まあ、パーキングから出るのは右手でやれば解除出来るのでなんとかなりますが、問題なのは走行中です。走行中に坂道発進とか(オメオリカーはMT)サイドブレーキ使いますよね。それを解除出来ないとなるとオメオリを先頭に大渋滞・・・・気の荒い人が「お前なんで発進せえへんねん!」オメ「サイドブレーキを戻せないんです」気の荒い人「自分でサイド引いたんやろが!」オメ「自分で引きました」気の荒い人「自分で引いたんなら自分で戻せるやろ!」「それが不思議なことに戻せないんです」「自分で引いたんやろが!」「引きました」「ほな戻せや!」「戻せません」「お前・・・お前アホなんか?」「そういわれても仕方が無いと思います」・・・・・・・なんてことになりかねない。

それでもなんとかコツをつかんで、一番力の入る体制をとって、信号が変わる前から気合いを入れて、自分を信じて「おおおーーー!」と精一杯の力を出せば解除出来るようになりました。でも毎回坂道発進は真剣勝負、真剣勝負です!坂道での渋滞なんか許せない!体制整えて、気合い入れて「おおおーーー!」体制整えて、気合い入れて「おおおーーー!」体制整えて、気合い入れて「おおおーーー!」な・・・・何回やらすねん!・・・・・・です。

あと、手袋を左手は自分ではめられないとか、歯磨き粉のチューブをしぼれない・・・・・とか、ホント色々大変でした(まだキーボードを以前のスピードで打てるほど完治はしておりませんが・・)

そんな不自由な生活をしている中、あることに気がつきました。オメオリは右利きなのですが、細かい作業は左手メインでしていたようなのです!ええ!?実は左利き?そういえばハサミだけは小さい頃から左を使っていて今もそうです。あ、お箸とか字を書いたりはもちろん右です。でも父親は左利きなんですよね・・・・・・・と、ここでオメオリ左利き疑惑が浮上です!

・・・・・・・・・・・と色々書きましたが、左利き疑惑を次回のフリにして今日はこの辺で(^^)

続報を待て!とさせて頂きます~~(^^)/ 

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

オメオリ中心性頸椎損傷・・・昨年公演を打てなかった理由です・・・

劇団ズーズーCを応援して下さっている皆様!オメオリです!

昨年の一年間、ブログやHPを更新せず、なんの情報も発信出来ずにすみません。深くお詫び申し上げます。

さて・・・・と、気楽にお話し出来ることでもないので慎重にお話ししますね。

なぜ劇団ズーズーCは一年間沈黙していたのか?これからお話ししないといけないかと思います。

タイトルにありますように昨年一年間、オメオリは中心性頸椎損傷を患ってしまい、パソコンのキーボードが打てない状態になってしまいました。

中心性頸椎損傷というのは神経の病気です。一昨年(2022年)の12月、今から1年と少し前、頭を強く打ったことで首を痛め、でもその日は平気で痛みも無かったのですが1週間後に左肩甲骨に寝られない程の痛みが2日ほど続き、痛みが無くなると左手が命令をきかなくなってました。動かないわけではありませんが、力が入らないのと細かい作業が全く出来ないのです。病院でMRIとCTスキャンでキチンと検査して貰いました。病名は上記の通り「中心性頸椎損傷」神経の病気で左手がこうことをきかなくなる病気。とくに治療法はなく「ゆっくり自然治癒する」と言われました。検査の時に計ったオメオリの左手の握力は「9」でした。「9」って小学生以下?ですよね。でも力いれようにも力が入らないんです。左手でコップもつかめなくなりました。

 

・・・・・・・・・なんて、劇団ズーズーCが活動出来なかったお話しを、オメオリ中心性頸椎損傷事件として、面白おかしくブログで書きたいのですが・・・・まだキーボード打つの遅いんです(泣)・・・・・あーーーー悔しい!

とりあえず今日はこの辺にします。

あ!劇団ズーズーCは今年復活します!そんな話や、オメオリの左手の話をこれからブログでじゃんじゃん書きます!

乞うご期待です!

| | コメント (0)

2023年1月 7日 (土)

あけましておめでとうございます!(大野)

2023年が始まりましたね!こんにちわ、大野です。

昨年は3年ぶりとなる本公演への出演となり、お客様の笑いを肌で感じることが出来ました。

千秋楽には多くのお客さまに来場いただきました。本公演へお越しくださったお客さま、ありがとうございました。

まだ窮屈な生活を強いられる世の中ですが、以前のように大きな笑い声で包まれる劇場で皆さまをお迎え出来るよう、劇団員一同がんばってまいります!


さて、自粛要請のないお正月となりましたが、どの様に過ごされましたでしょうか?

私は相変わらずの家族麻雀です!

今年95歳を迎える祖母を面子に加え、家族5人で御節をつまみながら駅伝を観つつ雀卓を囲む自粛云々関係なく恒例のお正月をむかえました。あ、ちなみに私は日本酒付きです()

飽きもせずに三ヶ日は麻雀大会だったのですが、今年は浮きもせず…2日目には箱点(ハコテン持ち点がなくなりマイナスになること)となり年始としては縁起の良いものではありませんでしたが、変わらないお正月を過ごせることが幸せだなぁと実感した日々でした!

D347fbf5193245258160c545f825f2ee

これからの新たな一年が皆様にとって良き年となります様に!

そして劇団としも更なる発展を目指していきますので、今年も応援よろしくお願いします!

| | コメント (0)

2022年12月24日 (土)

「喜劇 余命2ヶ月と言われて30年」アンケート公開しました!!

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。いしずか陽子です。

私の体調不良により5月に予定していた公演が中止となっててしまい、楽しみにしていたお客様には本当に申し訳ございませんでした。

お客様からは暖かいメッセージなども寄せていただき、どうもありがとうございました。

ご心配をおかけしていた体調ですが、だいぶ良くなり、この7月からはまた働き始めました。

稽古はまだお休みさせてもらっていて、すぐの舞台復帰は難しいかと思いますが、劇団の活動はできる範囲でお手伝いをしています。先日の公演にも何回か顔を出し、お会いできたお客様もいて、嬉しく思いました。

 

さてさて、そんな「喜劇 余命2ヶ月と言われて30年」、いかがでしたでしょうか?

準備不足により公開稽古となった公演もありまして、ご期待いただいたお客様には大変申し訳ございませんでした。

このブログも、本来ならオメオリが書く予定だったのですが、公開稽古にショックを受けて…、ではなく、実は現在、オメオリの手に力が入らない症状が出ており、文章の入力が困難なため、久しぶりに私が代打で出ることになりました。

あ、オメオリの症状はちゃんと医者にもかかっていて問題ありませんので、どうぞご心配なく。

また症状が治まったら本人から面白おかしくご報告があるかと思います。

 

そして、アンケートの完全公開しました~!!→やっと本題。

これも私がいつものように、1件1件、ありがたく読ませて頂きながら、入力作業をしました。

今回は自分が観ていない公演が多く、こんなことは初めてだったので、すごく新鮮に感じました。

 

初めて無料でご来場いただいたお客様が多く、オメオリの一人芝居の洗礼を受けた感想がとても面白いです。

そして毎回、お客様の方が深く考察されていたりして、すごく興味深い感想もあります。

どうぞ、アンケート完全公開も楽しんで下さい。

 

そしてそして、今年も残すところあと1週間となりました。

まだまだコロナの勢い治まらず、この冬はインフルエンザとのダブル感染が大変!と、マスコミは楽しそうにあおっており、個人的に言いたいことはありますが…。でも実際に感染して大変な思いをしていらっしゃる方がいるのも事実。

皆様、どうぞご自愛頂き、良いお年をお迎えくださいませ。

そしてまた、来年も劇場でたくさんの笑顔にお会いできますように…!!

| | コメント (0)

2022年10月 9日 (日)

11月上演!「喜劇 余命2ヶ月と言われて30年」DM発送しました!

オメオリです(^^)/

ズーズーCファンの皆様、お待たせしました!

11月上演の「喜劇 余命2ヶ月と言われて30年」のDMを本日発送致しました!

HPではすでに告知しており、上演日程詳細なども明記しております。

ご予約開始日は10月12日(水)です。皆様のご予約心よりお待ちしております。

初演からわずか4年で再演となったこの作品、初演時にはとても高い評価を頂きました。

チラシのデザインも、初演時とほぼ同じです。初演時に初めて無料の方の入場が多かったのでそのままにしました。

ズーズーCファンの方はご存じかと思いますが、劇団ズーズーCのチラシには出演者の写真も名前も載りません。オメオリもそうですが、無名な役者の写真や名前をチラシに載せたところで集客にはつながらないからです。チラシに必要なのは「この芝居面白そう」と思って頂くこと、それのみなのです。それが友達を呼ばず一般のお客さまの入場にこだわる劇団ズーズーC魂です!

でも・・・コロナ禍でなかなか公演が打てず、どれだけご予約を頂けるのか不安がつのります。

なので!・・・DMが届きましたらすぐにご予約を!ご予約をお願いします!

| | コメント (0)

2022年5月 9日 (月)

新作「喜劇 人格入替裁判」上演延期のお知らせ

劇団HPでお知らせしました通り、6月~7月上演予定の新作「喜劇 人格入替裁判」の上演を延期することになりました。

前公演のカーテンコールでお知らせし、先日この劇団ブログで台本を書き上げたとお知らせしたばかりの「喜劇 人格入替裁判」を延期することにしたのは苦渋の判断でした。楽しみにしてくれていたお客様、本当に申し訳ございません。

このブログでは延期に至った理由をご説明致します。コロナ禍も落ち着き始め、執筆も稽古も順調に進んでおりました。台本も仕上がったので発表こそしておりませんでしたが日程詳細も決まっておりました。

そんな中、突然女優いしずか陽子が体調不良を訴えました。「心の病」です。(病状は本人の為にこれ以上の公表は控えさせて頂きます)

本当に突然のことだったのですが、心の病にかかりしばらく稽古を休みたいと伝えられ、稽古を休ませていました。そしてゴールデンウィーク明けにこれ以上休むと、上演出来なくなると本人に確認したところ出演するのは難しいとのことだったので、延期を決定致しました。

オメオリケイジといしずか陽子は、およそ三十年間、劇団を支え責任ある演劇活動をしてきたつもりでおります。いしずか陽子は素晴らしい役者であり、誰よりも責任感の強い演劇人です。その彼女が突然、心の病にかかってしまい出演出来ないとうったえました。

僕は全てを受け入れて彼女を守ることにしました。お客様には失礼になるかも知れませんが、三十年間一緒に頑張った仲間が心の病で救済をうったえたのです。僕が選んだ道は、上演を延期してでも彼女を守る、でした。

代役を立てるという手段もあったかも知れませんが、それは考えられませんでした。新作は全て出演の決まった役者にあて書きします。いしずか陽子の役柄は常に面白く、その面白さを再現するには高い演技力が求められます。いしずか陽子の代役を務められる役者は僕たちのまわりにはおりません。いしずか陽子の役は、いしずか陽子が演じるから面白くなるのです。

勝手なことばかり書いて本当に申し訳なく思います。ただ、延期に至った実情は隠さずにお知らせするのがせめてもの誠意だと思っています。本人も公表を承諾しています。それも彼女の誠意だと僕は思っています。

ただ、新作「喜劇 人格入替裁判」は延期にしましたが、代替え公演の計画を進めています。新作ですと時間的に半年以上かかってしまうので、再演でいしずか陽子無しでも演じられる作品を思案中です。

なるべく早めに代替え公演を計画し、発表したいと考えております。

今日は残念なお知らせになりましたが、劇団ズーズーCは前に向いています。一日も早くお客様の前で元気に、精一杯、芝居が出来るよう頑張ります。

厚かましいお願いになるかと思いますが、それまでお待ち願えますと幸いです。

劇団ズーズーC オメオリケイジ

| | コメント (3)

2022年4月20日 (水)

新作台本「喜劇 人格入替裁判」書き上がりました!上演日程詳細は近日発表!

オメオリです(^o^)

次作公演予定(6月半ば~7月半ば)の新作「喜劇 人格入替裁判」書き上がりました!

日程詳細は近日中にHPで発表致します!

新作が書き上がったということで、今日は執筆苦労話、みたいなのを書こうかと思います。

新作は前作オメオリケイジ一人芝居のカーテンコールでもお知らせしたように「裁判もの」で、劇中に何度かお客様に多数決で判決を下して頂いて、先のストーリーが変わる、と言うものです。ただ、判決によってめちゃくちゃストーリーが変わる、という物語にはしませんでした。あまりに変えてしまうと、それまでの物語が嘘になってしまう、という演劇的観点からそうしたのですが・・・これについては後日、あらためてお知らせします。

さて、今作は3つの特徴のある物語となりました。「裁判もの」「観客参加型演劇」「人格入替もの」この3つが見所です。でも3つも見所があると・・・書くのは大変でした・・・大変でしたし、面白いのかどうかは、舞台に上げてお客様のお声を頂くまでわかりません。

僕自身はバカバカしく楽しめる作品になったと思っていますが、これから稽古を重ねてどうなるかは、やっぱりまだわかりません。

でも執筆はいつも通り、いやいつも以上に頑張りましたよ!

通常、新作を執筆する際、書き始める前に20ページ~30ページほどの、あらすじやメモ書きを書いてから書き始めます。通常の台本が50ページなので台本の半分のあらすじやメモ書きを書いてから書き始めるということです。作家それぞれ色んな書き方があるかと思いますが、僕はこれくらいの準備をしないと怖くて書き始められません。

で、ですね・・・今作は上記の3つの特徴が魅力なのですが、3つも特徴があることで書くの大変なんです。「裁判もの」「観客参加型演劇」なので、セットは法廷で客席に裁判官、陪審員がいると見立てる。そこで人格入替を争う裁判が行われる。オメオリ喜劇の真骨頂は、一幕(一場面)で、時間の流れもリアルと同じ。つまり、一場面で上演時間と同じ時間、登場人物が会話劇を繰り広げて幕を閉じる。オメオリ一人芝居「喜劇 告白の通夜」や「喜劇 愛情測定器ゴルゴダ13号」がその代表作です。そうではない作品もありますが、出来るだけ一幕に近い形になっています。一幕ものへのこだわりは、これが舞台演劇の弱点でもありますが、一番の長所とも捉えているからです。(これについてもあらためて配信しますね)

・・・・話がそれてしまいましたね、スミマセン。

それに長くなってしまったので、数日後に続きを書こうかと思います。次の執筆奮戦記をご期待下さい。

取りあえずは新作台本上がりました!良かった!良かったです!

オメオリでした(^^)/

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

おみくじ「半吉」が出た!

お正月が過ぎたと思ったら、もう2月になりましたね~(^o^)

寒さが続く中皆さんいかがお過ごしですか?風など引かぬようご自愛下さいね。

劇団ズーズーCは週2回ほどの稽古をしながら、オメオリが新作の執筆を進めております。

さて皆さん!表題にありますように、家の近所の浅草寺でおみくじ引いたら「半吉」が出ました!「半吉?何それ?そんなのあるの?」ですよね~!

僕もそうでした。なので調べたら「吉」の下で「末吉」上らしく引く確率は5%と低くかなりレアなようです。「半吉」があるおみくじとないおみくじがあるようで、調べたサイトの人も「浅草寺にはある」と言ってました。その通りありました、僕引きましたから「半吉」

で、ですね僕が2月になってなぜ近所の浅草寺のおみくじを引いたのかというと、お正月に「凶」引いてるんですよ浅草寺で!しかも浅草寺のおみくじ、口悪いんですよ、言い方悪いんですよ、バッサリ切ってくるんですよ。「凶なのは認める、でも言い方が悪すぎる!」って言いたくなるような言い方なんです、口悪いんです!

で、おみくじは何回引いても良いなんて話を聞いたのでリベンジですよ。凶を取り返すには大吉、いや少なくとも中吉かな。凶でボロかすに言ってくるってことは大吉引けばさぞかし褒めて来るんだろうな。なんて思いながらリベンジおみくじ引いたら「半吉」・・・・「半吉」です。こんな中途半端なもん引くぐらいなら凶の方がまだスカッとするわ!しかもこの「半吉」、凶なみに口悪いんです!口悪員ですよ!

なので・・・・「凶」の画像と「半吉」の画像も載せますね。皆さん見比べて下さい「半吉」と「凶」を。そして浅草寺のおみくじが口悪いことも。あ、でも僕は浅草寺好きなんですよ。自宅から15分歩けば浅草寺です。夜1人で浅草寺まで散歩する時もあります。ライトアップされた夜の浅草寺はめっちゃ綺麗です。浅草寺大好き!

でも浅草寺のおみくじは口悪い!・・・・口悪いんです!

↓これ浅草寺の半吉です。

1643872993268_20220203162501

↓これ浅草寺の凶です。

Dsc_0169

浅草寺は大好き。でもおみくじ口悪い!わかって頂けましたでしょうか。

令和4年、浅草寺で「半吉」と「凶」を引いたオメオリでした(^^;)

| | コメント (0)

«おみくじ大吉でした~!!