« 「喜劇 告白の通夜」アンケート完全公開アップしました~!! | トップページ | 今年もあとわずか!今年最後のご挨拶です(*^_^*)コロナ禍なのに35ステージも上演出来てホント良かった!皆様ありがとうございました! »

2021年12月17日 (金)

演技的総括!オメオリケイジ一人芝居「喜劇 告白の通夜」いつもの3倍35ステージ!

オメオリケイジ一人芝居「喜劇 告白の通夜」いつもの3倍35ステージ!
コロナ禍の上演にもかかわらず、たくさんの方にご来場頂きまして本当にありがとうございます。総集客はいつもの公演には届きませんでしたが、それは仕方がないですよね。公演当初の9月は緊急事態宣言が出されていたのですから。それに立場上どうしても来られない方もいたはずです。

もしコロナ禍で体調をくずされた方がおられましたら、心よりお見舞い申し上げます。

さて、公演も無事終えて「アンケート完全公開」もアップしたところで、芝居内容の総括をしたいと思います。

まず好みのわかれる作品だった、これは間違いのないところです。アンケートにもそれは表れています。「完成度は高いと思うが、いつもの芝居の方が面白い」ですとか「わかりにくかった」ですとか、そういうお言葉を頂いてます。反面「この作品が一番好き」「笑って感動して泣いた」なんて嬉しいお言葉も頂いてます。

僕自身の評価を一言でいうと「役者オメオリケイジの演技力がこの作品を完璧に演じるまでに至っていない」です。
約2年間の稽古でセリフは完璧に入りました、これまでの役者人生でここまで入ったことはない、と言える程に。
でも演技力が届かなかった。僕の演技力を高く評価して下さっているお客様は「え?届いてない?そうなの?完璧に見えたけど」なんて思って下さるかも知れません。なので、どう届いていないのかを説明しますね。

物語を面白く演じる、笑いをつくる為には「そのシーンを演じるために必要な感情」というのがあります。必要な感情を表現出来なければシーンは成立せず、面白くも笑いにもなりません。

今回の僕の演技にはこの必要な感情で演じられないシーンがあったということです。

僕自身、自分レベルの高い演技力を持っている役者だと自負しています。その僕の、オメオリケイジの高い演技力を持ってしても届かなかったのです。

これには簡単なのに解決出来ない明確な理由があります。特に後半、1人で6役を演じるシーンで、演技的スピードが追いつかないのです。必要なスピードで演じると必要な感情を起こし損なってしまうことがあるということです。

これをもっとわかりやすく説明すると、シーンを切り取ってやる稽古ではどのシーンも必要な感情で完璧に演じられます。ただ本番、必要なスピードで通して演じると必要な感情を起こし損なうことがあるということです。

これどうしようもないんですよね。「じゃあもう少しゆっくり演じたら?」と思う方もおられるかと思います。確かに多少ならスピードは落とせます。でもスピードにも必要なスピードがあって落としすぎるとテンポが死にます。

なので基本あのスピードで演じるしかなく、すると感情が届かないシーンが出来てしまう。でもこれホントどうにもならないんです。もっと稽古するしかない、といえばそうかも知れませんがコロナ禍で2年間散々稽古しましたからね。

これだけ稽古しても届かない、ということは届かないのだと思います。次の再演でこの問題にチャレンジしようとは思っていません。この問題は解決不能だからです。
より面白くしたいとは思ってますよ。次に再演する時は、またネタの入れ替えもするでしょうしね。

今は台本的にはほぼ完璧だと思っています。でも数年たって改めて粗が見えるのが芝居の常です。今の僕には見えていない改善点が見えることでしょう。

僕自身はこの作品大好きです。1時間35分たった1人で演じてお客様の笑い声を独り占めですからね。役者としてこんなに嬉しいことはありません。
何年後になるかはわかりませんが、西郷連発として又、お客様にお会い出来る日を楽しみにしております。

ご来場本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

「喜劇 告白の通夜」 西郷連発役 オメオリケイジ

 

|

« 「喜劇 告白の通夜」アンケート完全公開アップしました~!! | トップページ | 今年もあとわずか!今年最後のご挨拶です(*^_^*)コロナ禍なのに35ステージも上演出来てホント良かった!皆様ありがとうございました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「喜劇 告白の通夜」アンケート完全公開アップしました~!! | トップページ | 今年もあとわずか!今年最後のご挨拶です(*^_^*)コロナ禍なのに35ステージも上演出来てホント良かった!皆様ありがとうございました! »